上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.18 バリ島 Ⅴ
バリ島4日目の午後、予定よりちょっと遅れてチェックアウトして
吐き気が続いている息子も一緒に、クタ&レギャン方面へショッピング。

車の中で息子が電子辞書で何やらやっているので、ちょっと元気出てきたのかな?って思ってました。

チャーター車でのお出掛けだったけど「ここでお買い物どうですか?」って頼んでもいない所で車が止まりました。
断る事が出来ない訳じゃないけど、どうも断りづらい。まぁ、少しならいいかと店内へ。

私:どう?
む:吐きそうや、トイレ行ってくる。
私:電子辞書で何かやってたから、マシになってきたのかと思っててんけど・・・
む:車の中で吐きそうやったから「吐く」を辞書で調べてただけや。

いざとなったら、『吐きそうなので車を止めて下さい』と言おうと調べてただけだったんです。

息子に車での移動はきつかったようで、乗る前よりしんどそう。

お店でミネラルウォーターを頂き、少し休ませて貰って、お土産の買い物をして
また車に乗り込み当初の目的地クタ・レギャン方面へ。

ここでは自由にお買い物をしたかったので、迎えに来てもらう時間と場所をドライバーさんに伝え
車を降りて、目的のお店を探しながら歩き始めました。

P1000275-1.jpg

気が付けば、息子が私の行きたかったお店を一緒に探してくれたり元気そう。
体調を崩して丸1日、ようやく元気が戻ってきました!! ホントほっとしました。

最後の方でやっと息子のお気に入りの店を発見!
大阪にもあるお店だけど、日本よりとても安いらしく、オシャレ大好き息子は目を輝かせて品定め。
短時間に服を5枚もお買い上げ。

最後の最後に息子が元気になり、買い物も出来て良かったです。

ショッピング中に写したワンコ。

P1000274-1.jpg

P1000280-1.jpg

バリってたくさんワンコいるんですよ! 柴犬よりちょっと大き目の中型犬ばかり。
飼い犬と野良犬、両方居るようですが、飼い犬もリードはしてないんです。
リードにつながれているワンコ、リードでお散歩しているという光景は一度も見なかったです。
飼い犬・野良犬共に、自由に路上をウロウロしてます。
事故が心配だなぁ~。

この辺りの写真、もっと撮っておけば良かった。
時間と気持ちにゆとりがなく、写真はほんのちょっとだけ。仕方ないかなぁ。

この後、再びホテルに戻り、空港に向かう車に乗り換え、免税店に立ち寄り
帰国の為、デンパサール、ングラ・ライ空港へ。

日付が変わって深夜の1時過ぎ、関西空港へ向けて無事飛び立ちました。

飛行機から見た朝日。

P1000287-1.jpg

飛行機の中から日の出を見るのは初めて、幻想的な雰囲気で、とてもキレイでした。



今回の旅行「どうだったぁ~?」って聞かれたら「大変やったぁ~!」って答えてしまうほど
息子の体調不良が一番深く印象に残りました。

安心料と思って入った海外旅行保険を本当に使う事になり、自分でもビックリ!!
その為に、予定していたマリンスポーツやスパをキャンセルる事になってしまったけど
息子は色んな意味で良い体験になったと思います。私もかな。

昔からの憧れだったバリの自然に触れる事が出来、両親・息子と共通の思い出がいっぱい出来たし
思い切って行って良かったです。

長々とお付き合い頂いた皆様ありがとう!

終わり。
スポンサーサイト
2009.02.17 バリ島 Ⅳ
バリ島、滞在3日目の夕方、ディナークルーズへ向かう車の中で
息子がぽつんと「なんか吐き気がする」と言い出した。
車中ではどうする事も出来ず、港に到着してから持参していた胃薬を服用。
しばらくで治まるよう祈りつつ、船に乗り込みました。

乗船してから、悪化する事もないけど良くもならず。
ディナークルーズだったのに食事は一切取れず、コーヒーのみでディナークルーズ終了。

どうしてだろう?原因を考えても心当たりはなし、生水は飲んでないし、生ものも食べてないし・・・ 

「若いからきっと一晩ゆっくり寝たら治るよ」と、両親と別れそれぞれ部屋へ。

ところが部屋に戻って寝るまでの間に急に悪化し始め、激しい吐き下し。
あまりに激しい吐き下しに、このままでは脱水してしまうのではと心配になり
ホテルの日本語デスクの方に相談。

事情説明をして、すぐにホテル専属の医師に部屋まで往診に来ていただく事にまりました。
この時、深夜の12時位。

往診をお願いしてから20分ほどで医師&看護士&日本人デスクの方3名で来て頂きました。

見ていただいた結果、飲食に心当たりがないので、原因は実質初めての海外で緊張していた事や
ちょっとした時差等、それ以外には考えられないとの事でした。

治療としては、吐き気止めの注射をして、あとは内服薬という事だったんですが・・・

息子は病気治療で注射接種の経験がなく(今の子供ってみんなそうですよね)
注射を打つ事に不安があったので、その旨、医師に伝えた所
注射のほうが即効性があるので、打った方が良いと言う事でした。

私が子供の頃は、病院へ行くとすぐに注射だったけど・・・
今の日本では吐き下しで病院に行っても、注射での治療って殆どないですよね。

私としては、出来れば点滴と内服薬での治療が希望だったんだけど、そうも言ってられなくて
息子に希望を聞いたところ「注射打ってもらう」と言うので、吐き気止めの注射をお願いし
吐き気止め・下痢止め・抗生物質・腹痛止めの4種類の薬を貰いました。

P1000293-1.jpg

診て頂いた後、しばらくしたら落ち着いたような気がしたので、午前2時半位に就寝。

そして朝(バリ島4日目) 体調を尋ねると「夕べ最悪やったぁ」
私が寝た後に、これまで最高の吐き下しが襲ってきたらしいんです。
朝には峠は越して、夕べよりは落ち着いていたけど、まだまだしんどそう。

この日は3時にチェックアウトの予定だったので、それまで息子はゆっくりホテルで休む事に。
私と両親は午前中ホテル近くのショッピングモールにお買い物。
しばし息子の事を忘れてお土産の買い物を楽しみました。

朝食がフルーツとジュースだけだった息子、薬を飲む為、何か少しでも食べなければという事で
ランチはルームサービスでおかゆを頼みました。
バリ風おかゆ。付いていた醤油ダレが激辛だったそうです。息子は辛いのが苦手!

P1000249-2.jpg

私と両親はホテル内で食事。

P1000270-1.jpg
サンドイッチとフレッシュジュース。
サンドイッチはすごいボリューム、ジュースはとっても美味!!

美しいホテルのお庭を見るのも見納め。

P1000272-1.jpg

体調が戻らないままチェックアウトの時間が近づいてきたので
無理を承知でチェックアウトの時間を可能な範囲で伸ばしてもらうよう頼もうかと思ったんだけど
息子「このまま帰る時間まで寝てる訳にも行かない」と言い
この後の時間は元々の予定をこなす事になりました。

チェックアウトを済ませ、車をチャーターしてクタ&レギャン方面へ。

続く。
2009.02.16 バリ島 Ⅲ
バリ島3日目。

グランドハイアットバリ、とってもステキなホテルだったので
ホテルも存分に楽しまなくちゃもったいないという事で、この日は夕方までのんびりとホテルで過ごしました。

まずは朝食。 

P1000166-1.jpg

ここからはホテルで撮った写真です。

お花がとってもキレイ。
P1000171-1.jpg


P1000168-1.jpg


P1000172-1.jpg


P1000174-1.jpg

プライベートビーチ 空と海の青色が素晴らしい!! この空と海が見たかったんですよね。
P1000175-1.jpg

午前中、息子は海を満喫し、両親と私はホテル内でショッピング&散策。
の~んびりとホテル内を散歩して、カフェでトロピカルジュースを飲んで、時間がゆっくりと流れていく。
普段の慌しい日々を忘れ、贅沢な時間だな~なんて思いながらリラックス。
P1000181-1.jpg


P1000182-1.jpg

大トカゲ? かなり大きい。このトカゲ、カフェの周りの池で普通に泳いでるんです。
水陸両用のトカゲさん、柵の中で飼われている訳ではないので、ホテル内何処でも自由なんですよね。
私達はカフェに居たからいいけど・・・ 歩いていて突然出くわしたらビックリ仰天ですわ。
写真撮影は失敗だったんだけど、トカゲの他にリスもたくさん居ました。
P1000190-1.jpg


P1000191-1.jpg

フルーツのジュースがどれもおいしい事!!
P1000193-1.jpg

ホテルで買ったワンピを着て、デイナークルーズへ。
P1000199-1.jpg

このディナークルーズに向かう途中、息子に異変が・・・。

続く。
2009.02.12 バリ島 Ⅱ
バリ島2日目。

夜中にスコールが降ったようだったけど、朝起きたら良いお天気!
前夜は寝不足だったけど、目覚ましより先に小鳥のさえずりで目覚めました。

部屋のバルコニーからの景色。 緑色が深く、とってもキレイ!
バリの気候、思ったより暑さも湿気もマシでした。日本の真夏の方がよっぽど暑いし不快です。

P1000046-1.jpg

ホテルのレストランで朝食をとり、島内観光に出発。

前日は深夜の到着でよくわからなかったんだけど、こんな感じで↓バリの交通事情はスゴイ!!

P1000050-1.jpg

バイクがめちゃ多い!!多すぎる!!  しかも2人乗りは序の口、3人乗りに4人乗り!!
ガイドさんによると、大人3人はダメなんだけど、大人2人&子供2人の4人乗りはOKなんだそうです。
免許は17歳からだそうですが、明らか10歳ちょっとの子供も乗ってました。
慣れない交通事情にぶつかるんじゃないかとヒヤヒヤ。

ヒヤヒヤ・ドキドキしながらマイクロバスに揺られ、まずは一つ目の目的地に到着。

まずはバロンダンス鑑賞

P1000067-1.jpg

前の席の人の頭ばっかり写っちゃって、肝心のバロンの写真がうまく撮れなかったぁ。 


お寺。 名前を忘れてしまった。 石の彫刻が見事です。

P1000076-1.jpg


アジアン雑貨のショッピング&銀細工の村を訪問。
ガイドさんが連れて行ってくれる土産物屋さんでは、店員さんが必ずピタッとくっ付いてくるので
どうも買い辛かったわ。 でも何も買わない訳にもいかないので、数点お買い上げ。


昼食はインドネシア料理。これは美味しかったぁ! オープンテラスでとても雰囲気が良いお店でした。

P1000087-1.jpg

バリ島のネコ。 気のせいか、日本のネコとちょっと顔つきが違うような・・・?

P1000082-1.jpg

信仰心が篤いバリの人々、いたるところにお供え物が。 ↓レストランのお庭。

P1000106-1.jpg

日本では高価なお花があちこちに普通に咲いてます。

P1000110-1.jpg


アルマ美術館。

P1000111-1.jpg


モンキーフォレスト  200匹の猿が生息しているそうです。

P1000120-1.jpg

ここのお猿さんは比較的大人しかったです。

P1000126-1.jpg

モンキーフォレスト内のガジュマルの木の根っこ。 ガジュマルって日本でも売ってるけど
こんなに大きくなるんですね!ビックリ!!

P1000137-1.jpg


バリのパンフレット等にもよく載っているライステラス。 とても雄大です。 緑がキレイ!

P1000140-1.jpg


丸一日のオプショナルツアーは結構ハード、夕食は近くのレストランに出掛けるつもりだったけど
体力・気力ナシだったので、手っ取り早くホテルのレストランで済ませる事に。
ディナーの時に見たケチャックダンス。

P1000151-1.jpg

コンデジ、しかも三脚なしで夜の撮影はかなり難しい。殆どブレブレでしたぁ。

フルに動き回った一日でした。(続く)

2009.02.10 バリ島 Ⅰ
息子の春休みを利用して(高3なので3学期は短く、1月30日から春休みです)
私の両親を誘ってバリ島に行って来ました。(今回、夫は休みが取れずワンコとお留守番)

私、13年ぶりの海外、初めての東南アジア、ドキドキワクワクです。
息子も前回の海外は5歳の時だったので、実質初めての海外でドキドキ!! 数日前から緊張気味。
両親は仕事引退後、あちこちにお出掛けしているので余裕の笑顔。

出発前に用意したコンデジぶら下げ、1月30日出発。


P1000037-1.jpg

息子、関空の免税店でいきなりディオールの香水をお買い上げ。
息子が香水に興味を持っているなんて全く知らなかった!

自宅を出発する頃にポツポツ降り始めた雨、関空を飛び立つ頃には本降りに。
行く先のバリも雨季、お天気を心配しつつ17時40分関空を出発しました。

楽しみにしていた機内食。


P1000041-1.jpg


きのこのリゾットのセット。まずまずのお味。

6時間40分のフライト、息子は飲んで食べて飲んで食べて、映画も2本観て退屈しなかったようです。
私も飲んで食べて映画を1本観て、その後は買ったばかりのコンデジの説明書を流し読み。
両親は、隣の席の方と楽しくお喋り、なんとその方バリ15回目のサーファーさん。

現地時間、深夜の1時過ぎデンパサール ングラ・ライ国際空港到着。
入国手続きを済ませ、お迎えの車でホテル「グランド・ハイアット・バリ」へ。

バリライフに胸躍らせながらも、長い移動に疲れ果てていた私はあっという間に夢の中へ。
3世代旅行、どんな旅になるやら!?

しばらく、バリネタ続きます。




おまけ。

出発数日前、荷物を詰める前に久しぶりに使うスーツケースを日の当たる場所で干していたら


P1000034-2.jpg


ベッドと間違えている蘭&夢。気持ち良さそうに仲良くねんね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。